Menu

出版deブランディング(テキスト版 )Vol.2

【目次】

第1章 出版したいと思ったら、書店へ行こう!

 書店で新書が増大している理由
 ノンジャンルで本を選べるメリット
 差別化のポイントは店内 BGM にあり

第2章 村尾隆介の未来の本棚

 時代背景と読者のニーズを調べる
 海外で注目されている日本の酒造メーカー

第3章 リスナーの悩みや相談を解消する誌上コンサルティング

 企画の絞り込みはなぜ必要なのか?
 オリジナルのネーミングを考えよう
 自分のイメージを伝えらないときの類書の活用法とは?
 出版企画書に必要なもの

第4章 村尾隆介が紹介!集中するためのソング

 アルバムと本との共通点
 曲選びはその人のパーソナリティーで選ふ


【著者】村尾隆介
【ページ数】12
【出版日】2012年5月10日
【制作】Textrage編集部
【編集・執筆協力】宇治川裕
【概要】経営者やプロアスリートなどの “個人のブランド戦略” にも深く関わる村尾隆介が軽快なトーク で毎月お届けする音声セミナーのテキスト版。
「これから出版をしたい!」「出版をしたものの、その後の自分の見せ方に悩んでいる」という全国の方々からの質問を中心に
展開をしています。
また、作家・村尾隆介の裏舞台もお見せします。
今後の出版計画や、その時代背景、そして製作 のノウハウや雰囲気は、ここでしか読めない話。
出版に興味を抱く方には、きっと参考になると思います。

※テキストは【PDF】データでのご提供となります。紙では販売しておりませんのであらかじめご了承ください。