Menu

ビジネスで成功するクリエイター/紫垣樹郎(10分で読めるモバイル講演録第1巻)

基本 RGB今回のゲストは、株式会社インサイトコミュニケーションズ代表取締役・紫垣 樹郎さん。企業の代表でありながら、コピーライターとして制作活動も行うクリエーターです。

経営と制作という異なる能力の二つの職種を両立する紫垣さん。
多くのクリエーターたちがその作品をビジネスに結び付けられず苦しむ中、彼はどのようにしてその両方のセンスを身に付けることができたのでしょうか。

「起業家輩出企業」と称されるリクルートに16年間勤めて学んだ起業家精神。
東京コピーライターズクラブ最高新人賞を皮切りに数々の受賞を通して評価されたそのコピーセンス。

彼の人生を見つめることで、その本質が浮かび上がってくるようです。
 

販売価格 300円(税込)

商品購入

目次

第1章 リクルートとの出会い
なかなか決まらなかった就職活動の中で出会った、ちょっと変わったリクルートの印象

第2章 新人賞の受賞と焦り
4年目で社内MVP、32歳で東京コピーライターズクラブ最高賞受賞。
一見、順調に見えるキャリアの中、彼の中に生まれた焦り

第3章 101%の法則
伝説の新人になるために、20代で身に付けるべき習慣と法則

第4章 人はいつでも突き抜けられる
時代の変化を読み、変わり続けなければならないのは、クリエイターも同じ

 

特典 インタビュー音声と印刷可能PDFプレゼントのお知らせ

本コンテンツのもととなったインタビュー音声(mp3ファイル約1時間分)、テキスト出力(印刷可能)版をお申し込み下さった方全員に無料プレゼント。
テキストを利用してのアウトプットにより、あなたの人生を変える「気付き」をお届けします。

 

ゲストプロフィール

紫垣樹郎(しがき・じゅろう)

株式会社インサイトコミュニケーションズ代表取締役、クリエイティブコンサルタント、クリエイティブディレクター&コピーライター。

1989年、株式会社リクルート入社。ベンチャー企業から大企業まで、企業の採用コミュニケーション・組織活性コミュニケーションのプランニング・クリエイティブディレクションを担当し、入社4年目に社内MVPを受賞。96年、コピーライターとして活動開始し、2年後に東京コピーライターズクラブ最高新人賞を受賞。2003年からはクリエイティブディレクターとしてリクルート自社商品のマーケティングプロモーション・ブランドコミュニケーションへと活動の範囲を広げる。05年には本格的なコミュニケーションを追求するため、インサイトコミュニケーションズ設立。クリエイティブワークを活かしたコミュニケーションのコンサルティング、クリエイティブディレクション、コピーライティングを柱に活動中。

 

聞き手プロフィール

早川洋平(はやかわ・ようへい)

横浜生まれ。新聞記者等を経てプロインタビュアーに。2008年には、インタビュー形式のインターネットラジオ(ポッドキャスト)番組「キクマガ」をスタート。加藤登紀子、鳥越俊太郎、渡邊美樹、茂木健一郎、石田衣良ら、130人以上のゲストが出演、年間150万ダウンロードを超える番組となっている。10〜11年、横浜美術館「ラジオ美術館」、13年ユニクロCM「ステテコ&リラコ 風と暮らす篇」インタビュアー。

企業・機関・個人のメディアを創出するプロデューサーとしても活動。中核となるポッドキャスト配信サービスは、美術館、大学、病院、出版社、ラジオ局、ジャーナリスト、作家など、広く活用されている。「横浜美術館『ラジオ美術館』」「多摩大チャンネル」「鳥越俊太郎のニュースの職人チャンネル」「本田健の人生相談」「伊藤忠商事『THE 商社マン』」などプロデュース番組多数。
 
 

販売価格 300円(税込)

商品購入
 
※本書のテキストはポッドキャスト番組「キクマガ(旧:人生を変える一冊)」をもとに加筆修正をくわえたものです。予めご了承ください。